2015年6月11日 (木)

耳下腺腫瘍&フライ症候群

耳下腺腫瘍の手術から1年半ほど経ちましたが、どうやらフライ症候群になったみたいです。
一昨日、夕食を食べていたら、耳の後ろに違和感を感じたので触ったら濡れていました。
以前から、たまに手術跡が痛痒くなることがあったけど・・・。
ボツリヌス毒素を局所に注射する治療法があるらしいけど試験段階で一般的には適用できないらしい。
来週、病院の予約をとたの詳しいことはまだ不明です。


| | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

耳下腺腫瘍手術後半年経過&飛蚊症

Dsc_0014耳下腺の手術をしてかた半年ほど経過しました。
手術後はだいぶ綺麗になりました。
ただし、縫合部分を触ると頬ぐらいまでジンジン痺れます。で、そのあとしばらくは違和感が残ったままになります。
触らなくてもたまにツッパリ感を感じる時があります。
先週の土曜日に急に飛蚊症になりました。眼科で診断してもらいましたが、硝子体出血でした。だいぶ気にならなくなりましたが、黒い影が右上にあります。元々後部硝子体剥離になっていて、血糖値も高いので心配しましたが、ただの出血で良かったです。
ただ、加齢による白内障が始まっているといわれて多少ショックでした。まだ53歳なのに・・・。

| | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

耳下腺腫瘍手術後1ヶ月後

耳下腺の手術をしてもう1ヵ月たちました。
耳たぶは全く感覚がありません。
頬の痺れはすこしずつ回復していますが、まだ耳側の半分ぐらいは
痺れたままです。
痛みはほとんど無くなりました。(押したりしたら少し痛いぐらい。)
(術後3週間ぐらいは時々痛い時がありました。)
耳の血行が悪くなったためか?しもやけ?みたいな症状はしもやけの
薬を塗ったたtめかだいぶ良くなりました。
今思えば、もっと気候の良い時(春とか)に手術すれば良かった。
フライ症候群などの副作用はまだ出ていません。(副作用が出るまでは何ヶ月が掛かるらしい。)
昨日は、「特撮博物館」を見学してきました。(大盛況でした。)

Dsc_0052

Dsc_0056

Dsc_0057

| | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

耳下腺腫瘍手術後3日目

術後3日目です。(月曜日)
朝の診察で傷口から出ている管を外してもらいました。
これで管に注意しなくてよくなったのでだいぶ助かりました。
食事のときの頬の筋肉痛は相変わらずです。

| | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

耳下腺腫瘍手術後2日目

術後2日目です。
点滴は朝晩の抗生物質だけになりました。
傷口から出ている管はそのままです。
頭を看護助士の人に洗ってもらったのでさっぱりしました。
会話や食事はほぼ普通にできますが食事中に頬の筋肉が痛くなってきます。なので固めのステーキとかはつらそうです。


| | トラックバック (0)

耳下腺腫瘍手術 翌日

手術の翌日から普通の食事が可能でした。
痛み止めが利いているのか、痛みはほとんど
感じません。すこしだけ、口を大きく開けることが辛い感じがあるだけです。ちょっと、拍子抜けするほど痛みがありませんでした。
左手には点滴、右側には傷口からでる血?を受けるためのパック付きの管が付いたままです。

| | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

耳下腺腫瘍手術 当日

耳下腺腫瘍の摘出手術を行いました。
前日の午後9時から絶食です。
当日は9時過ぎからは水も禁止です。
全身麻酔なので目が醒めたら終わってました。
約3時間の手術でした。この時点で会話は可能でした。
さらに3時間、ベッドの上で安静にしてからは
起きることができました。
尿意を我慢するのがつらかった。
とりあえず、おしっこを尿瓶にしてホッとできました。
水も飲めました。たぶん、胃液で喉が痛かったので
助かりました。

| | トラックバック (0)